MENU

頻尿とは尿の回数が多くなること!尿漏れとは無意識に尿を漏らすこと!

頻尿れとは

頻尿,尿漏れ,対策

頻尿とは、1日の尿の量は変わらないのに排尿の回数が多くなる症状のことをいいます。

 

成人の平均的な排尿回数は日中が5回、夜間が0~1回なのに対して、
この回数を上回る尿意を感じた場合は頻尿といわれます。

 

個人差がありますので、あくまでも目安ですが
日中が8回以上、夜間が2回以上を超えたあたりからといわれています。

 

尿意を感じる回数が10回に満たない場合でも、夜間に2~3回起きてしまい
本人が悩まされているのであれば、頻尿と判断されることもあります。

 

お酒を飲んだ時や多量に水分を摂った時などの理由があり、
トイレの回数が増えているときなどは排尿回数が多くても頻尿とはいえません。

 

尿漏れとは

頻尿,尿漏れ,対策

尿漏れとは、成人の方が無意識に尿をもらしてしまう状態のことをいいます。
一般には「おもらし」といわれます。

 

1番多いのが、咳やくしゃみをしたときや重いものを持ち上げた時などに少量の尿が無意識に
もれてしまうことです。

 

分娩を経験した女性や月経が止まってしまった女性に多くみられます。
また、尿意を感じるとがまんすることができずトイレに行く前に漏らしてしまうこともあります。

 

脳卒中を経験した方や神経因性膀胱などで大脳の膀胱に対する抑制作用が減ってしまった時にも多くみられます。
日本では高齢者の5割以上に尿漏れの症状があるといわれています。

 

尿漏れ自体は生命にかかわることではないですが、生活の質を下げてしまうため、
適切な受診や診断が求められ、軽快や治癒することで日常生活を快適に過ごせるようになることがもとめられています。

 

頻尿の定義と主な原因

頻尿,尿漏れ,対策

頻尿とは一日のトイレの回数がいったいどのぐらいと思いますか?

 

正常な状態で日中5回、夜間0~1回の排尿回数を基準とし、
日中8回、夜間2回以上の10回以上の排尿を頻尿の目安としています。

 

あくまでも目安です。

 

頻尿の原因とは

頻尿,尿漏れ,対策

頻尿の主な原因として、下記が挙げられます。

  • 過活動膀胱
  • 前立腺肥大
  • 尿路感染
  • 腫瘍
  • 心因性
  • 骨盤底筋のゆるみ

 

過活動膀胱

過活動膀胱とは尿があまり溜まっていないにも関わらず、膀胱が勝手に収縮してしまう病気です。
急な尿意が何度も起きてしまいます。
老化による場合もありますが、その他にも原因があります。

 

前立腺肥大

前立腺肥大とは、男性の生殖器のひとつである前立腺が肥大し、肥大した前立腺が尿道を圧迫し、排尿トラブルを起こします。
この状態が長く続くと高い確率で過活動膀胱を併発します。

 

尿路感染

尿路感染は前立腺炎、膀胱炎などに感染して、尿路に炎症が起き膀胱にある神経が刺激され尿意をもようしてしまうといったものです。
細菌感染のものが多いですがそうでないものもあります。

 

腫瘍

腫瘍の場合は膀胱がんで頻尿の他に血尿が主な症状としてあらわれます。

 

心因性

心因性のものは夜間頻尿を伴わないのが特徴で、精神的な原因などが取り除かれると治まるケースが多いです。

 

骨盤底筋のゆるみ

骨盤底筋のゆるみは女性特有のものです。
運動不足や加齢、妊娠、出産などによって骨盤底筋がゆるみ、尿道口をしっかり締め付けることができずにおこるものです。

 

大きな病気が隠れている場合もあるので注意が必要です。


男性女性共通の頻尿対策について

頻尿,尿漏れ,対策

頻尿は男性、女性ともに誰でも起こり得る症状です。

 

原因は様々ですが、加齢など生物学的に防げない要因もあります。

 

 

 

誰でも出来る対策とは?

頻尿,尿漏れ,対策

そもそも頻尿と言われてもどのくらいの頻度でトイレに向かえば該当するのか!
お分かりでない方も多いのではないでしょうか?

 

医学的な定義としては昼間に8回以上、夜間に2回以上!
合計10回というのが一般的な基準です。

 

水分の取りすぎや利尿作用のある飲み物(アルコールなど)の摂ったをした結果、
トイレの回数が増えた場合は頻尿ではなく、生理的反応となります。

 

ちなみに一般的な成人のトイレの回数は1日に5回程度です。

 

頻尿の原因

頻尿,尿漏れ,対策

原因は加齢のほか様々ですが、多くは心理的要因尿道などの下部尿路の疾患です。

 

心理的な要因としてはストレス、緊張などが挙げられます。
大事な会議の前にトイレに行きたくなるのもこのためです。

 

心理的な要因での頻尿を神経性頻尿といいます。

 

下部尿路の疾患としては膀胱炎尿道炎などが代表的です。

頻尿の主な対策

頻尿,尿漏れ,対策

主な対策としては頻尿となる原因の排除や治療が主となります。
また市販の頻尿予防薬なども一定の効果が得られます。

 

運動で膀胱周辺の筋力トレーニングをすることで改善されたケースもあります。

 

いずれの方法も効果には個人差があり、
疾患などの場合によっては医師の許可が必要なケースもあるかもしれません。

 

ご自分に合った方法で試されてみてはいかがでしょうか?


頻尿対策にノコギリヤシ配合の頻尿サプリ

頻尿,尿漏れ,対策

年齢を重ねるとおしっこがだんだん我慢できなくなっていく人が多いです。

 

日によって膀胱の容量が減少したり、尿道を閉める筋肉が徐々に衰えてくるなどといった理由でそうなります。

 

一般的に、昼間8回以上、夜間1~2回以上おしっこに行く頻度だと頻尿といわれています。
昼間も回数が増えれば外出がおっくうになったり、
夜間は睡眠が阻害され心身ともに悪影響が出ることがあります。

 

頻尿サプリメント

頻尿,尿漏れ,対策

頻尿へのひとつの対策として、頻尿サプリメントを試してみるという方法があります。
病院へ受診するほどではないと思われる、症状の軽いときにおすすめです。

 

ノコギリヤシ

尿トラブルのサプリメントに使用されている成分のひとつがノコギリヤシです。
アメリカの先住民が健康食品として使ってきたもので、
頻尿の原因となる前立腺肥大の改善効果があるとされています。
男性用の頻尿サプリメントとして販売されている商品もあります。

 

ペポカボチャの種子成分

また、西洋カボチャのひとつペポカボチャの種子成分が配合されているサプリメントも多いです。
この種子に含まれるリグナンという成分に排尿障害を改善する働きがあることがわかっているからです。
こちらが配合されているものは女性用の頻尿サプリメントとして販売されている商品が多いです。

 

イソサミジン

また、せり科の植物ボタンボウフウに含まれるイソサミジンという成分も、
排尿促進や血流改善効果が得られるとされており、
尿トラブルのサプリメントに配合されることの多い成分です。


自分の尿漏れの原因を知る

頻尿,尿漏れ,対策

普段の生活では、尿意を感じたらお手洗いに行くことが多いでしょう。

 

若いときは尿意を感じても漏れることは珍しいため、困ることは少ないかもしれません。
しかし、年齢を重ねるとともに、尿漏れが起きることもあります。

 

外出中でトイレに行くのが間に合わないなど、少しずつ問題が発生することもあるでしょう。
もし尿漏れで困っているなら、原因について知るといいかもしれません。

尿漏れの原因

頻尿,尿漏れ,対策

高齢になると尿のトラブルを抱えている人の割合は高くなると言われているため、
自分だけが尿漏れで悩んでいると思わないようにしてください。

 

年齢以外にも、肥満便秘によって身体に負担がかかり、尿漏れが起こることもあります。

 

また、女性の場合は妊娠等で尿漏れが起こることも珍しくないです。
様々なことが原因で骨盤底筋に負担がかかると、尿が漏れやすくなると言われています。

 

他の原因として、病気の治療薬もあるでしょう。

 

いろいろなことが関係して尿漏れが起こることが少なくないため、日常生活に影響が出るなら病院に相談してください。

 

専門家のアドバイスを参考に、生活の質を取り戻すといいでしょう。
尿漏れが心配で外出を控える人もいるため、悩んでいるなら早めに対処してください。


尿漏れ対策に体操を!パンツ・パットで安心を!

頻尿,尿漏れ,対策

ほんの少量でも気になるのが尿漏れ。

 

女性に多く、妊娠されている方や、出産をされた方、また年齢を重ねて筋力が落ちてきた方など幅広い年齢の方にみられます。
その症状は、

  1. 動いたときにお腹に力が入って起きる腹圧性尿失禁
  2. 過活動膀胱によって起きる切迫性失禁

の2種類に分けられます。

自宅でできる尿漏れ対策

ご自宅でできる対策としては、

  • 尿道の口を閉じてくれる筋肉を鍛えること
  • パンツやパットを利用して不快感を軽減すること

が挙げられます。

体操の方法

頻尿,尿漏れ,対策

まず、寝ながらできる簡単な体操を行いましょう。
仰向けに寝て膝を曲げ、足を肩幅に開いて立てます。

 

この姿勢のまま陰部全体をキュッと締めてゆっくり10秒キープ。
その後は力を抜いて体を緩めます。

 

この“締める→緩める”のサイクルを10回繰り返しましょう。

 

陰部を締める時は、膣や肛門をじわーっと持ち上げる感じで、お腹など他の部分に力が入らないようにしましょう。
軽い尿漏れであれば、この体操を続けることで改善できます。

パンツ・パットの利用

頻尿,尿漏れ,対策

また、尿漏れの回数や量に合わせて、パットやパンツも利用しましょう。

 

少量の場合は、パンティライナータイプの薄いパットがおすすめ。
尿を吸収してくれるだけでなく、消臭効果もあるので、臭いを心配することもなくなります。

 

尿の量によって、より吸収量の多いナプキンタイプ・パンツタイプもあり活動シーンによって使い分けることもできます。
不快感が軽減されれば、安心して生活ができますよ。


男性の排尿トラブル対策にはノコギリヤシ配合の尿漏れサプリ

頻尿,尿漏れ,対策

中高年になると、おしっこをした後で、
下着にちょっと尿が漏れてしまう症状が起こる人は多くなります。

 

男性が頻尿になったり、尿漏れになったりする原因のひとつは、前立腺肥大症の初期症状です。
この原因が大半といわれています。

 

前立腺肥大症は60代以上の男性の半数以上が発症しています。
加齢に伴って男性がなりやすい病気といえます。

 

前立腺は膀胱から出ている尿道の付け根に巻き付いた形で存在しており、
それが肥大してしまうと尿道が狭くなり、おしっこの出方やキレが悪くなってしまいます。

 

一度で尿を出し切ることが難しくなります。
また、前立腺肥大症が悪化すると腎機能障害や漏流性尿失禁などに発展することもあります。

 

症状が軽い場合は食事改善しながら経過観察をして経過を見ます。

男性の尿漏れにはノコギリヤシがおすすめ

頻尿,尿漏れ,対策

尿漏れ対策として、尿漏れサプリメントがおすすめです。
男性の排尿トラブルには、ノコギリヤシがよいといわれています。

 

ノコギリヤシはアメリカ先住民が健康食として古くから食べてきた食物です。

 

ノコギリヤシは、悪玉男性ホルモンといわれているジヒドロテストテロンの生成を抑制する働きがあります。

 

これにより、前立腺肥大症を抑制する効果があるとされています。

 

日本ではサプリメントなどの健康食品に含まれていますが、
海外では前立腺肥大症に対する医薬品として処方されているところもあるぐらいです。

 

排尿トラブルにはノコギリヤシ配合の尿漏れサプリメントがおすすめです。


「頻尿と尿漏れ対策」関連情報